仕事が楽しくなる!バイト先は情報収集の場所

お客さんの会話からお得な情報をゲット

オフィスワークのように、仕事中に無駄話をしている余裕などないような職場だと、勤務中はひたすら仕事をするだけですが、飲食店のように職場に従業員だけでなく利用客もいるような場所だと、働きながら面白い形で息抜きができるものです。お客さんと言うのは、2人以上で来ていれば、大抵何かしら話をしています。そして、その近くで働いているわけですから、聞くつもりはなくても会話が耳に入ってくるものです。そういった時に、自分の知らない社会のことが情報として入ってくると楽しいものです。

お客さんから食事のマナーを学ぶ

職場がファートスフード店やファミリーレストランなどでは、あまり期待できないものですが、ホテルのレストランや高級なレストランのような所であれば、食事に来るお客さんは、マナーに気を付けていることが多いものです。ですから、自然とテーブルマナーについて色々なことを学ぶことができて、自分が食事に行った時に役に立つものです。もちろん、見ていて不快な気持ちなるようなマナー違反もあるでしょうが、それは反面教師として学ぶことができます。

オフィスワークで学べること

職場がオフィスであったとしても、それはそれで収獲があるものです。それが、言葉遣いが学べると言うものです。電話の対応であったり、来客対応であったり、オフィスでは幅広い会話能力を学ぶことができます。飲食店のように不特定多数の人が利用する場所ではありませんから、会話の内容はくだけたものが少なくなりますが、正しい日本語の使い方が学べるなど、オフィスワークならではの良さと言うのもあるものです。このように、得られるのは給料だけではないと思えば、モチベーションアップにつなげられることでしょう。

接客の求人は必ず存在します。些細なことでクレームがくることもあり、気が抜けません。気を病み、辞職する人が多いです。しかし、接客のスキルはどの仕事でも応用が効くので、考えものです。