落ち込む必要なし!就職活動でモチベーションを維持する方法!

断られても気にする必要がない理由

就職活動が上手くいかないと、誰でも悲しい思いをするものです。面接で上手くいかなかった場合はもちろんのこと、書類選考で断られてしまった場合には、とてもショックを受けてしまうこともあるでしょう。しかし、世の中にはたくさんの仕事があって、同じ職種であってもたくさんの会社やお店があります。自分と合わない所があって当たり前です。これは人間関係も同じですが、自分が好きでも相手は自分を好きではないパターンなど山ほどあります。ですから、断られても何も気にする必要などないのです。

何か一つでも武器を身につける

気にする必要はないと言っても、いつまでも採用されないのは問題ですから、モチベーションを維持して活動して行けなければなりません。なお、モチベーションを維持する効果的な方法の一つが、何か一つでも良いので、武器を身につけると言うことです。すでに優秀な学歴や資格を持っている人でも、何か新しい武器を身につけることで自信がつき、モチベーションの維持につながるものです。その結果、また不採用になったとしても、身につけた武器は色々な所で役に立つはずで、無駄になることはないでしょう。

希望先の絞り方を再検討する

いくら立派な学歴や職歴があっても、優れた能力の持ち主でも、相手が求めているものを持っていなければ、気にかけてもらうことはできないものです。ですから、気持ちばかり先行させて就職先を決めるのではなく、どの仕事であれば、期待に応えることができるかを考えて検討していくことが大切です。なお、自分ならこの仕事は上手く覚えてやっていけそうだ、と言うよりかは、自分なら今すぐにでも即戦力として働けそうだ、と思える仕事の方が採用率は高いと言えるでしょう。

プラントの求人では危険物取扱者資格を所持していると採用率が高くなり、給与に資格手当がつくなど優遇されます。